スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Yaphet Kotto


97年結成。USA。
エモーティブでポリティカルなDIYハードコアレーベルEbullitionのイメージに完璧に合ったエモーティブハードコアを鳴らす。また、Ebullition以上にストイックなレーベルcouncilからもリリースしているその音はあまりにも独創的。

Discography(2005.8.16)

-S/T-7'EP-(Analog kid) 1998
-THE KILLER WAS IN THE GOVERNMENT BLANKETS- LP/CD-(Ebullition) 1999
-SYNCOPATED SYNTHETIC LAMENTS FOR LOVE- LP/CD-(Ebullition) 2001
-SUICIDE NATION/YAPHET KOTTO- SPLIT 7'EP-(council) 2000
-USUAL SUSPECTS- 7'EP-(council)2002
-EURO TOUR- LP-(Scene police) 2003
-WE BURY OUR DEAD ALIVE- LP/CD-(Ebullition) 2004
| yaphet kotto | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
The Killer Was In The Government Blankets


1st。1999年。
感覚で弾いてるかのように輪郭だけをおぼろげに描き絡み合う二本のギター、歌うVoに叫ぶVo、荒々しくも勢いと練りのあるリズム隊。
その音像はあまりにも独創的で、感動的。
ハードコアに対する暴力的なイメージを完璧に塗り替えられた作品。
| yaphet kotto | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Syncopated Synthetic Laments For Love


2nd。2001年。
メロディックな要素が上がり、彼らの表現の振れ幅が上がっている。
奇跡的な音。名盤。
| yaphet kotto | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
We Bury Our Dead Alive


3rd。2004年。
荒々しさがなくなり、インストの比重が多くなった。
ネガティブな部分と闘ってるようにも聴こえ、迷いの作品のようにも聞こえる。
生活上での苦味を一番感じさせる作品。
| yaphet kotto | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |